プロフィール
スキルインフォメーションズ株式会社
スキルインフォメーションズ株式会社
杉本 浩
www.sic-net.co.jp
   < 事業内容 >
◯医療向けソフトウェア開発
◯医療機関向けHP構築
◯ECサイト構築・運営委託
◯手書き文字フォント作成
◯組込みソフトウェア開発

趣味:映画鑑賞、マイル獲得、スキューバダイビング
< ブランドな病院の時代 >
ブランドな病院の時代
患者さんのために病院を良くしようと思っている医療従事者の必携の書!
< My Font Light >
My Font Light
お手軽にあなたの手書き文字を、パソコン等でつかえるフォント(字体)へ!

2016年03月16日

大変な目に遭いました…

先日、飛行機での東京出張はエライ目face07に遭いました。

それは、出張当日伊丹空港でチェックイン後、前の便が遅延しているのが判り自分の便icon20は大丈夫かな?
と心配していたら羽田空港が濃霧のため着陸が困難で遅れいるとのアナウンスが有りました。

 最初は濃霧も時間が経つにつれ晴れicon01るだろうと、高をくくっていました。そうこうする内に、前の便が50分遅れでようやく飛び立ちました。
 次は、自分が搭乗する便だなと思った矢先、次の○○便icon20は羽田濃霧のため天候調査で、発着が遅れるとのアナウンス、すかさず次のアナウンスは、次々便はなんと羽田混雑で欠航icon05するとの事です。次々便登場の方はキャンセルや前便へ乗り換え手続きで、てんやわんやface08です。
私も心配になり、地上係員に次便の発着予定を確認すると遅れますけど、飛びますとのコメントに一安心。
 しかし、そこからが地獄の始まりでした。30分おきに繰り返さるアナウンスは決まり文句の様に”現在、羽田空港濃霧のため発着出来るか検討中”とだけ、発着の期待を持たせつつ欠航する判断が出来ないままズルズルと時間だけが過ぎる最悪のパターン、気がつけば3時間も空港ロビーで待機という悪夢、いつもはゆったり感の有るラウンジも発着停滞のため大混雑で殺気立ってピリピリする中、地上係員に商談に遅れると食って掛かるビジネス客がいたりと、殺伐した雰囲気でした。

(写真は当日の羽田空港(資料:毎日新聞より))

 早く欠航の決断をしてもらえれば、今頃はキャンセルして新幹線icon18に乗換て到着していたのにと恨み言を呟いたり、最初は1時間も遅れて大変だと蔑んだ前便の飛行機に、あぁやっぱりキャンセル待ちしてでも乗ってたら良かったと
悔やんだり、支離滅裂気味icon15です。

 しかしこれほどの事態になるとは当初予想もせず、今更ジタバタしてもと何時かは飛ぶだろうと、半ば諦めの境地というか、本日の自分の運の無さにホトホト嫌気が指していた所、暗闇に一筋の光icon12が差し込む様なアナウンス ”急ではありますが、羽田行き○○便icon20これから搭乗案内をするので搭乗口にお集まりください”との待望の報に歓喜icon14です。
因みにあれほど悔やんだ前便は、結局混雑で羽田上空を旋回後に着陸できず少し前に伊丹空港に引き返したまま欠航便icon15となりました。あぁやっぱり、この便で良かったなと、思い直しました。

何れにしても、当初より3時間半遅れで東京着して、本日の予定が大幅にicon10狂ってしまいました。

これまで何度か、濃霧で遅延は有りましたが、ここまで酷い遅れは初めてです。これから濃霧の可能性が有れば事前に通知もらえる気象サービスがあれば便利face02だと思った出来事でした。  

Posted by スキルインフォメーションズ株式会社 at 16:48Comments(0)飛行機